世界に誇る腰痛の名医も推奨!たいよう接骨院・鍼灸治療院
電話番号 0586-47-7735 「ホームページを見た」とお伝えください。 24時間メール受付
受付時間

ダイエットは生理後1週間が効果的?


みなさんこんにちは
パーソナルトレーナーの水野豪司です

本日は女性ホルモンとダイエットについてです!

女性ホルモンと呼ばれるものには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります

この2つのホルモンは女性にとってとても重要なホルモンで、肌や髪の調子を整えたり、妊娠に必要な体の状態をコントロールしてくれる働きがあります

生理周期のおよそ28日(個人差があり20〜40日)で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンは以下のように分泌量が変わります

・生理後〜1週間(排卵日まで)=卵胞ホルモンが多く分泌され、精神的に安定する 食欲のコントロールや代謝がよく、ダイエットに強い見方をしてくれる時期

・排卵〜生理直前=黄体期と呼ばれる時期で、黄体ホルモンが分泌され、イライラや抑うつ、食欲の増加など精神的に不安定になりやすい時期 妊娠に向け水分や栄養を溜め込もうとするためむくみやすく、その分体重も減りにくい この時期には体重の増加も起きやすいですが、それは自然なことなのであまり体重を気にしすぎず、リラックスして次のダイエットのチャンス(生理後〜1週間)に向けての準備期間としましょう!

まとめ
生理後〜1週間は代謝がよく、ダイエットに向いている!
生理前や生理中は、ダイエットしにくい状態になっているうえ、精神的にも不安定になりやすいので、この時期には体重を気にしすぎないようにしましょう